gatag-00007875

9月1日は防災の日です。また9月1日を挟んだ一週間を防災週間として、各地で避難訓練などのイベントが行われています。(8月30日から9月5日まで)
今日は、防災の日にちなんで、防災の日の意義や、チェックしておきたい防災用品リストについて考えてみたいと思います。 
 

 

 1、防災の日に確認しておきたいこと。

 
防災の日は1923年(大正12年)に起きた関東大震災を教訓にするために、1960年(昭和35年)に制定された記念日です。

自然災害というと真っ先に「地震」が思い浮かびます。しかし、地震ばかりでなく、台風や大雨による地滑り、最近では突然発生する竜巻など、いつどこで、誰が被災してもおかしくありません。さび

ぜひ防災の日をきっかけに、家族の中でも災害発生時の対応や、防災セット、緊急避難セットの確認をしておきましょう。


■家族で確認しておきたいこと。

災害時に家族が離れた場所にいる場合にどうするか確認しておきましょう。
とっさの身の守り方、連絡方法、災害時安否確認の方法、集合場所など


■避難用持ち出し品、災害時備蓄品の確認
災害に備えて、避難用の持ち出し品と備蓄品を用意しておきます。
賞味期限、消費期限が切れていないか、劣化、破損がないか、家族全員分の準備品として十分であるかなどチェックします。


■家の中の安全チェック
家具類の転倒防止対策は十分か、転倒防止器具の劣化、破損のチェック、避難経路のチェックなど。


 2、災害時に備えておきたい持ち出し品

バッグ

飲料水(一人1.5L程度)

携帯食、非常食

現金(公衆電話用に硬貨が必要になります。)


■装備・道具類 

ヘルメット・防災ずきん・帽子など、手袋(作業用)、運動靴、懐中電灯(予備電池・電源も忘れずに)

携帯ラジオ、連絡先メモ

筆記用具、油性マジックなど

万能ナイフ類、ロープ(10m程度)



■衛生用品

救急用品セット、毛抜き、持病薬・常備薬、マスク、簡易トイレ、トイレットペーパー、ウェットティッシュなど

身分証明書、健康保険証(そのコピー)



■防寒具

使い捨てカイロ、サバイバルブランケット、タオル、安全ピン、ポリ袋、ビニールシート類、ライター(マッチでも)、布ガムテープ、雨具(ポンチョ・雨がっぱなど)



■あると便利なもの 

新聞紙・ダンボール、風呂敷

ホイッスル(がれきに埋もれたり、声が出せない時などホイッスルを吹くことで救助を呼ぶことができます)


 3、災害時用備蓄品 (理想は10日分×人数分)

 

■非常食

そのまま食べられるものか、簡単な調理で食べられるもの

缶詰、レトルト食品、インスタントラーメン、チョコレート、カンパン、アメ、調味料など


■水

飲料水は1人1日2~3リットルが目安(その他に生活用水分の備蓄を忘れずに)



■生活用品

毛布、寝袋、タオル、衣類、洗面用品、マスク、使い捨てカイロ、紙皿、鍋・やかん、ラップ、アルミホイル、新聞紙、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、生理用品、コンロ、ガスボンベ、簡易トイレなど




■乳幼児がいる場合

粉ミルク、ほ乳瓶、おむつ、おしりふき、レトルト離乳食など



■妊婦がいる場合

脱脂綿、ガーゼ、さらし、T字帯、清浄綿、母子手帳など(出産が近い場合は、新生児用品も。)



■要介護者がいる場合

おむつ、補助具の予備、常備薬、障がい者手帳など



■ペットがいる場合

ペットフード(食べ慣れているもの)、リード、首輪、迷子札、キャリーバッグ・ケージなど


 

いかがでしたか?
台風発生や、秋雨前線による大雨の被害が多いこの季節。今一度災害についてしっかりとした対策と理解を深めておきたいものですね。 

 

 

役立つライフスタイル情報をチェック→ライフスタイル情報ランキング

最後までお付き合い下さり本当にありがとうございます。

少しでもお役に立てたら幸いです。

ると母