yjimage

15夜は一年で一番月が美しいとされる日です。
2016年の中秋の名月は、9月15日。月を眺めて鋭気を養いませんか?
 


 1、お月見の起源と中秋の名月とは


美しい月を愛でる月見の風習は、中国の唐の時代からあったようです。

日本では、平安時代の貴族の間に、水にうつる月を眺めて歌を詠み、お酒を嗜む宴として広まりました。


旧暦8月15日の夜に、一般の人たちが月を眺めて楽しむようになったのは、江戸時代からと言われています。


「中秋の名月」というのは、旧暦の8月を中秋ということからきています。


秋になると、空気が乾燥し月がはっきりと見え、夜も涼しく過ごしやすいことからお月見には最高の頃とされています。



 2、日本版ハロウィン?!月見泥棒の風習

 

昔は、月の満ち欠けを農作業の目安にし、作物の実りも占っていました。


満月は豊作をあらわすおめでたいもの。

お月見のお供えものに、秋の収穫物があるのもその名残です。


十五夜にお供え物の団子や収穫物がなくなるのはおめでたいこととされました。(お月様が持っていってくれたとして)


そのため、子供たちがお団子やお供え物をつまみ食いしても許される日となったようです。


地方には、「月見泥棒」といって家族やご近所に、お団子やお供え物をおねだりする風習が残っています。


まさに日本版ハロウィン!


今年は「月見泥棒」で、一味違ったお月見を楽しんでみては?

 

役立つライフスタイル情報をチェック→ライフスタイル情報ランキング

最後までお付き合い下さり本当にありがとうございます。

少しでもお役に立てたら幸いです。

ると母