ダウンロード
せっかくの中秋の名月。月見のお供えをして、雰囲気を味わいませんか?


 1、お手軽に月見の御供えを!

■用意するもの


月見団子

三方(なければお皿)

白い紙

すすき

花瓶(筒状のものや竹製のものだと雰囲気が出ます。)

ざる

秋の味覚

(いも類、柿や栗などの果物)



①窓際にテーブルをセッティングします。

②三方の上に白い紙をしいて月見団子を重ねます。

③三方は、穴が空いたほうを月に向けて置いて下さい。

④花瓶にすすきを生けます。あれば萩なども飾りましょう。

⑤ザルに秋の味覚を盛り付けます。調理したものならお皿でも。



■盛り付ける月見団子の数


地域によって違いがあります。一例として、十五夜に15個、十三夜に13個、もしくは、平年は12個、閏年は13個などです。

お住まいの地域ではどうか調べてみても面白いかもしれません。


 2、月見団子のレシピ&みたらしレシピ

 ■月見団子レシピ


材料(お団子15個分)

白玉粉…50g

上新粉…50g

絹ごし豆腐…100g

水…適量



①ボールに白玉粉、上新粉を入れて混ぜ合わせ、絹ごし豆腐を入れながら練り合わせていきます。


※絹ごし豆腐は固さをみながら加えていってください。

※固さの目安は耳たぶ程度。

※絹ごし豆腐をすべて加えても固く感じる場合は水を加えます。


②手で2cm位の玉状に丸めます。


③鍋にたっぷりの水を入れて沸かし、②をゆでます。


④ゆであがったら冷水にとって冷ましザルにあげます。


※積み上げて飾る場合は、冷水にとらずバットの上で冷ますと、表面が滑らず上手に積めますよ♪



■みたらしレシピ


材料

砂糖…40g

片栗粉…大さじ1程度

(同量の水でとく)

醤油…大さじ1~2(適宜)

水…60g


①小鍋に、砂糖、醤油、水を入れて弱火にかけ砂糖が溶けたら、沸騰する前に片栗粉を入れてゆっくりかき混ぜる。


②焦げないように注意しながらゆっくりかき混ぜ、透き通ってきたら出来上がり♪


※醤油の量はお好みで加減してください。



月見団子は簡単なので、小さなお子様と一緒に楽しめます。

(お湯の取り扱いは注意して下さい。)


きな粉をまぶしたり、あんこや黒ごまを添えたり、いろんなバリエーションを楽しんでみては?

 

 

役立つライフスタイル情報をチェック→ライフスタイル情報ランキング

最後までお付き合い下さり本当にありがとうございます。

少しでもお役に立てたら幸いです。

ると母